Open Navigation

不動産投資に対するHQ Capitalのアプローチは、企業基盤となる保守的なコア資産の取得から、商業および住宅不動産の開発に及びます。

長年にわたり、我々の投資戦略を米国不動産市場の市場サイクルおよび供給/需要バランスに適合させる能力を実証してまいりました。

ファンド: 企業家的投資家にとっては、ジョイントベンチャーによる集合住宅および商業不動産の開発が主な戦略となっています。典型的な投資例は、成長基盤を有する地域における賃貸アパート、学生および高齢者住宅、または商業施設(事務所、小売、および産業)のプロジェクトを含みます。投資家は対象の投資戦略に参加することもでき、または、特定の不動産に対するファンドへの共同投資家となることも可能です。開始以来、HQ Capitalは、約6万戸の住宅および450万平方フィートの商業スペースを含む、94億米ドルの投資を行いました。

 

単一資産への投資: HQ Capitalにおける他の戦略は、ファンドの投資期間より長い保有期間を有する米国へのゲートウェイ市場を中心とした単一不動産取得への投資です。

 

個別アカウント:HQ Capitalは、直接、個人投資家と共に、収益目標およびリスク限度を含む特定の投資基準の達成に向け努めます。これまで、これらの取得は、主に、保有期間が相対的に長い高級地域におけるオフィスビルまたは高級商業施設が中心となっています。開始以来、個別アカウントからの委託に基づき、1千万平方フィートの商業スペースおよび4,400戸の住宅を含む28億米ドルを超える不動産を直接取得しています。

 

不動産資産管理:HQ Capitalは投資アドバイスまたは第三者による資産管理サービスを求める投資家に対し、フルラインのサービスを提供しています。HQ Capitalはオーナーの代理人として行動し、各投資家の目標および目的に応じ、各不動産およびポートフォリオ全体における戦略を作成します。開始以来、第三者機関投資家のために、9百万平方フィートの商業スペースおよび1,200戸住宅を含む25億米ドルを超える不動産を管理しています。